愛のまりも館
愛のまりも館
spacer
まりもとは

まりもとは

まりもとは まりもは北半球の限られた淡水湖に生息する球形の藻で
国内の生息地としては北海道の阿寒湖が有名です。
本州では富士五湖の山中湖、河口湖、西湖を南限として
(琵琶湖にも生息との未確認情報あり)
群落が確認されており、海外でも北欧、ロシア地域に生息しています。

まりもは球体が一つの生物として見られがちですが、実は無数の糸状の藻の
集合体で緑藻類、シオグサ科に分類され、この糸状の藻の一本一本が
生きていてこれが絡み合って成長し、球が大きくなるのです。

この藻は自然に丸くなろうとする性質がありますが、水槽で生育した藻では
天然のまりものように美しく密な球体になりません。

なぜビロード状の密な球形まりもができるのかは、水流説、波の影響説等々諸説あるものの
決定的な要因はいまだ謎とされています。

尚、弊社のまりもは養殖まりもです。天然まりもは天然記念物であり、採取は禁じられています。

まりもとは

まりもとは 昔、阿寒湖の湖畔にセトナという美しい娘がおりました。
セトナにはマニベという結婚を誓い合った恋人がおりましたが、
彼は下僕と呼ばれる低い身分であったため、
セトナの父親は二人の仲を決して許さず、別の男との結婚を決めてしまいました。

しかし婚礼の夜、悲しみにしずむマニベが奏でる草笛を遠くに聞いた時、
セトナはたまらず婚礼の席を抜け出して、マニベのもとへ駆け出しました。

二人は丸木舟に乗って湖へ漕ぎ出し、この世では結ばれぬ運命を、
月淡き湖底にて結ぼう”と身を投げたのです。
このセトナとマニベの悲しい恋の魂が、
まりもの姿となって永遠に生きていると伝えられているのです。

その後、恋する男女がまりもに祈ると不思議と恋が叶うと言われています。